消費者金融の自動契約機

自動契約機(じどうけいやくき)というのは、消費者金融などの支店や無人の店舗に設置されている契約機のことを言います。自動契約機でオペレーターなどとやり取りすることにより消費者金融と契約することができるというわけです。

契約になると契約したことにより、その場でカードなどが発行され、そのカードを使って借り入れをすることができるのです。

昔はこの自動契約機が至る所にあったような気がしますが、今ではあるのはありますが、昔ほどは見かけなくなったような気がします。

それでもしばらく道を歩けばいろんな消費者金融の自動契約機を見かけますし、どこにあるか?って言うのも何となく思い浮かんだりしますよね。

自動契約機のことを無人契約機という言い方もしたりしますが、その場所ではむじんですがオペレーターとやり取りするわけですので、完璧なむじんとは言えないと思うので自動契約機という言い方が正しい言い方ではないかと思うのです。

この自動契約機を最初に設置した消費者金融が大手のアコムです。「むじんくん」という名前を使っていたかと思います。ここから無人契約機という名前が付いたのかもしれませんね。

消費者金融だけでなく三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行なんかにもテレビ窓口がありますので、これも同じく自動契約機というようになります。名前は違えど内容は同じですからね。

昔は自動契約機がたくさんあったと書きましたが、なぜ少なくなってきたのかというとネット申し込みの方が一般的となってきたからです。ネット申し込みですと、インターネット上から申し込みすることができるので、わざわざ自動契約機に行かなくてもよくなり、より便利に申込みができるようになったのです。

ただ、ネット申し込みといっても、ネット申し込み後の審査の状況によっては自動契約機に行かなければならないという場合も存在します。全く持って審査が問題なく通った場合にネット申し込みですべてが完了してしまうということです。

自動契約機というのはですのでなかなかなくなりはしない存在なのかもしれません。やはり審査の都合上、ある程度はやり取りしないとなかなか借り入れすることはできませんからね。

あと、今は専業主婦の方もネット申し込みで消費者金融を利用したいという人が増えてきています。世の中の不景気が続いているので生活費など厳しい部分も多いのではないかと思います。

でも、消費者金融は今は専業主婦の方はほとんど利用できなくなってしまっています。完全に利用できないというわけではないですが、利用できないと思っておいた方がいいでしょう。

※参照・・・専業主婦が消費者金融でお金を借りれる?夫に内緒で借りちゃう。